1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 別に赤字の不動産を買っても良いんです。

ブログ

BLOG

不動産投資

別に赤字の不動産を買っても良いんです。

こんばんは。

目代康二です。

ようやく一棟アパートを保有している
法人の決算申告が全て片付きました。

今期は昨年発生した3部屋の空室が響き、
だいぶ苦戦した感じです。

不動産投資では空室発生は
本当に機会損失ですので、
全力で空室を埋めないといけないなと
改めて痛感しました。。

 

ところで、不動産投資を考える際に、
初心者が陥りがちなのが、
家賃収入から生まれる
「キャッシュフロー」だけを考えて
投資判断をしてしまうことです。

ですが、不動産投資では
売却(=利確)してはじめて
投資が一通り終わりますので、
購入時に「売却」まで
想定しておくことが大切です。

「将来何円で売却して
税引後に何円の売却利益が残るか」

を想定して物件を
購入しないといけないわけです。

つまり、不動産投資の真の利益は
以下のような計算式になるわけです!

家賃収入による累積キャッシュフロー + 物件売却時の手取り利益

この計算式から分かる通り、
例えばキャッシュフローが
ほとんど残らない物件を購入しても、
売却時に相当な利益が見込めるのなら
実は問題ないことが分かります。

一方、毎月のキャッシュフローに
ある程度の余裕がないと
急な修繕や空室が発生した際に
持ち堪えられなくなりますので、
ある程度のキャッシュフローが出る
物件を購入する必要はあります。

その目安が、
返済比率(家賃収入/ローン返済額)を
50%未満までに抑える考え方です。

あとは、キャッシュフロー比率
(キャッシュフロー/物件購入価格)を
1.8%以上にすることですかね。

この条件を守れば安全な物件になるといえます。

 

ということで、不動産投資を行う際には
キャッシュフローと売却利益、
この2つを包括的に考えて
投資することが大切です!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事