1. HOME
  2. ブログ
  3. 投資の基礎知識
  4. NISA・確定拠出年金
  5. NISA
  6. NISAの真のデメリットと損失を出さないための対処法

ブログ

BLOG

NISA

NISAの真のデメリットと損失を出さないための対処法

(最終更新日:2022年7月30日)

NISA(ニーサ)に潜むデメリット

NISA(ニーサ)といえば、投資にかかる税金が非課税となる制度です。年間120万円までの投資金額に対して、5年間非課税枠が適用されます。

一見するとメリットばかりのNISAですが、実はデメリットもあります。ここでは、主に3点挙げてみたいと思います。

NISAの口座開設が手間

NISAを始めるにあたっては、必ず住民票を金融機関に届け出る必要があります。普通の口座開設なら免許証で事足りるところが、NISAの場合にはもう一手間かかるのです。

日中仕事のサラリーマンとしては、住民票を取得するにしても一苦労でしょう。

年間120万円の非課税枠では足りない

そもそもNISAで適用される年間120万円の非課税枠は、投資する立場からすると全く足りないことが分かります。

株式投資をする人なら分かると思いますが、120万円という枠に収まるよう投資するのは、なかなか難しいものです。

それに、株を購入するたびに非課税枠を消費することになるため、短期間で何度も売買する短期投資家にとって、NISAの非課税枠では全く足りません。

損失が出た時の対処ができない

NISAで一番問題なのが、損失が出た時の回避手段である「損益通算」と「損失の繰越控除」が使えないことです。

「損益通算」とは、別の投資で発生した損失と利益を互いに打ち消す制度です。これにより、利益を圧縮して、税金を減らすことができます。

しかし、NISAでは損益通算が使えないため、NISA口座内で損失が発生しても、他の投資の利益と相殺することができないのです。

また、「損失の繰越控除」も利用できません。つまり、通常なら損失を翌年以降3年間にわたり利益と相殺できますが、NISAではそれができません。

このように、NISAでは「利益」に対しては非課税という恩恵を受けられますが、「損失」に対しては全くの無防備なのです。

NISAを利用する際には、くれぐれも注意しましょう。

公式メールマガジンでは、最新の投資情報やビジネスノウハウを公開しています! 登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事