1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 不動産といども絶対安定ではないと再認識

ブログ

BLOG

不動産投資

不動産といども絶対安定ではないと再認識

こんばんは。

目代康二です。

今日は久しぶりにいい報告があります!

ずっと空室だった一棟アパートの3部屋のうち
1部屋がようやく決まりました!

その部屋は101号室、アパートの
一番入り口側にある部屋です。

もともと僕のアパートは
電車の線路が目の前にあるので、
電車の走行音がメチャクチャうるさいんです。

そして、101号室は
線路から一番近い部屋なので
音と振動が一番激しい部屋なんです。

なので、最初に空室になった時には

「マジか〜、どうしようかーー」

と悩んだものです。

今年の6/28からずっと空室だったのですが、
直近でとにかく家賃を下げまくって
対応しました。

その結果、家賃を総額6万円以下にしたら
なんとか決まってくれました!

近隣の家賃相場が6.5〜8万円ぐらいなので
それと比べるとかなり激安ですが、
空室よりかはマシだということで
値下げに踏み切りました。

今回は最後の値下げから
わずか4日で部屋が決まりました!!

 

現状、コロナの影響で単身者世帯の入退去が
かなり落ち込んでいるようです。

別で運営しているシェアハウスでも
なかなか入居者が増えない状況にあります。

不動産は安定していると言われていますが
決して安泰ではないということを
再認識したこの頃でした。

不動産投資を考えている人は
ぜひご注意ください。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事