1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. ビジネス
  5. 税金
  6. 合法的に節税する方法は大きく分けて4つだ!

ブログ

BLOG

税金

合法的に節税する方法は大きく分けて4つだ!

こんばんは。

目代康二です。

昨日は「税金」の話をしましたが、
税金というのは個人の収入を
確実に減らす存在です。

たしかに納税は国民の義務ですが、
一方で合法的な節税手段も
用意されていますので、
個人でそれを活用しない手はないわけです。

ただ、サラリーマンの場合、
節税手段はほとんどないのが現状です。

「ふるさと納税」ぐらい
じゃないかと思います。

ふるさと納税をしたことがないぞって人は
ぜひふるさと納税を検討してみてください。

2,000円の自己負担で
色々な返礼品をゲットできますので!

また、個人で副業をやっている人には
節税のチャンスか多く転がっています。

さまざまな費用を「経費」として
計上できますので、
税金を減らすことができます。

加えて、株式投資をやっている人は、
利益に対する税率が一律約20%となりますので
相当嬉しいメリットがあります。

1億円稼いでも税率はずっと約20%なわけです。

そして、究極なのが「法人化」。

個人が法人を所有することで
多くのメリットを受けられます。

経費計上できる支出が増えること、
法人税率が個人の税率よりも低いこと、
お金を法人にプールできること、
さまざまなメリットがあります。

 

このように、個人の場合には
主に4つの節税手段があります。

・会社員:ふるさと納税
・個人事業:経費計上
・投資家:税率一律約20%
・経営者:法人化

これをやっているかやっていないかで
納める税金に大きな違いが出ますので
注意しましょう。

なお、もうお気づきの人も
いるかもしれませんが、
「ビジネス」や「投資」をやっている人が
税制上の恩恵を受けられるわけですね。

つまり、国の経済成長に貢献しているからこそ
節税という恩恵を受けられるわけです。

ぜひですね、税金についても考えながら
投資やビジネスに取り組んでみてください!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事