1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 不動産投資では交渉術がかなり重要!!

ブログ

BLOG

不動産投資

不動産投資では交渉術がかなり重要!!

こんばんは。

目代康二です。

昨日は管理会社の方と
一棟アパートの集客について
打ち合わせをしたのですが、
実はもう1つ「区分マンション」についても
打ち合わせをしていました。

現在、区分マンションの
売却を進めているのですが、
いまだに売れずにいます。

現在「4,300万円」で売りに出していて、
業者からたまに問い合わせが入るそうです。

でも、どの業者も

「4,000万円以下になるなら購入を検討します」

と言うそうです。

おそらく中古マンションを販売する業者が
安く仕入れて高く売却するつもりなのでしょう。

物件を売却する側からしたら
とにかく高値で売りたいわけですが、
世の中の「需要」が4,000万円以下なら
それに合わせないと
いつまで経っても売れませんよね。。

なので、いろいろ考えて
「4,000万円」まで値下げすることにしました。

とは言ってもですよ、
いきなり価格を「4,000万円」にはしません!

不動産では「指値」を
入れる習慣がありますので、
仮に4,000万円の価格で募集したら
3,900万円とかで買い付けが
入ってしまう可能性が高いです。

といいますのも、買い手としては
「安値」で物件を購入したいからですね。

で、安値で買い付けが入った時に、
売り手が

「値引きはしません!!」

なんて言ったら、
買い手からの印象が悪くなっちゃうわけです。

なので、価格は今まで通り
4,300万円で募集を続けます。

でも、仮に値引きの相談があったら

「4,100万円 → 4,050万円 → 4,000万円」

と50万円刻みで案内するように
仲介業者には言っています。

仮に4,100万円で着地したら
高値で売れてめっちゃラッキーだし、
4,000万円で売れたら
予定通りなのでOKなわけです。

 

ということで、不動産の世界では
値引きが一般的に行われますので

「交渉術」

が結構重要になってくるかなと思います。

有利に取引を進められるよう、
常に相手目線で行動することが
大切なんでしょうね。

今日の内容が参考になったら嬉しいです!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事