1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 不動産投資で失敗する3つの原因!

ブログ

BLOG

不動産投資

不動産投資で失敗する3つの原因!

こんばんは。

目代康二です。

不動産投資でよくある失敗が
この3つかなと思います。

1、新築の区分マンションを買ってしまう
2、返済比率が危険水域の物件を購入してしまう
3、賃貸需要のない地方に物件を購入してしまう

 

1は以前から何度も
お伝えしていることですが、
とにかく新築マンションには
近づかない方がいいです!

なぜなら、販売価格に
広告費や営業の人件費が乗っているので
価格が高いからです。

これは投資用に限らず
自宅用を購入するときにも
言えることです。

資産性の高いマンションを買いたいなら、
「中古」物件を買うのが正解ですね!

中古物件は実際の需要と供給に
基づいた価格で取引されるので、
まだ良心的な価格だと言えるわけです!

新築マンションみたいに
買った瞬間に価値が激減する
ようなことは考えづらいわけですね!

 

2の「返済比率」も言わずもがな。

返済比率は、毎月の家賃収入のうち
ローン返済額がどれぐらいの
割合を占めているかを表しています。

例えば以下の場合、
返済比率は50%となります

・家賃収入:100万円
・ローン返済額:50万円
→返済比率=50万円/100万円=50%

返済比率は低ければ
低いほどいいわけですが、
具体的には50%以下を
目指したいところです。

50%以下なら、
部屋の半分が空室になっても
ローン返済ができることになります。

安全を取るためにも、
返済比率は50%以下を目指しましょう。

 

最後の「賃貸需要」もとても大切です。

不動産は文字通り
「移動」できませんから、
立地を間違えると取り返しがつきません。

物件を購入する前に
競合物件の空室状況を調べたり、
近隣の不動産管理会社に
電話でヒアリングを行って、
需要があるか確認するのがベターです。

こうすればほぼほぼ
失敗は防げるのではと思います。

 

他にも色々と注意すべきところはありますが、
最低限3つは押さえていただきたいと思います。

ちなみに、そこら辺のところを
記事にまとめましたので
ぜひご覧ください!

↓↓↓

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事