1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. ビジネス
  5. 税金
  6. 個人より法人の方が税金が有利になることがある!?

ブログ

BLOG

税金

個人より法人の方が税金が有利になることがある!?

こんばんは。

目代康二です。

今日たまたま知人と
「法人の税金」について
話をしていたところ、
こんなことを言われました。

「法人の税率も個人の税率も
あまり変わらないから
法人化する意味ってないよね〜」

と。

この話を聞いた僕は驚いてしました。

いやいや、税金という意味では
どう考えても法人の方が有利ですから!!

 

具体的には、「個人」の場合、
年収が900万円を超えると
所得税・住民税の合計税率が
43%になります。

、、かなり高いですよね。汗

一方、「法人」の場合には、
いろいろな税金をまるっと
計算に入れた実効税率で考えると、
資本金1億円以下の中小企業の場合には、
実効税率は33%ほどです。

つまり、年収がある程度高い人
(900万円以上、事業をしている人)の場合、
基本的には法人を設立した方が
税金上有利というわけです。

※詳しくは税理士先生にご相談ください

こんな話を知人にしたところ、
「そうなのか!!」と納得されていました。

こういった税率の情報は
自分から情報をキャッチアップしないと
なかなか入ってこないから難しいですよね。

でも、僕らは生まれてから死ぬまで
一生税金にがんじがらめにされているので、
税金についての広く浅い知識は
一通り身につけておいた方が
身のためだと思います。

 

ということで、本日は個人と法人の
税率の違いについてでした!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事