1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. お金
  5. お金を雪だるま式に増やす方法とは?

ブログ

BLOG

お金

お金を雪だるま式に増やす方法とは?

こんばんは。

目代康二です。

昨日はキャッシュフローゲーム
をやってきましたが、改めて
「キャッシュ オン キャッシュ リターン(CCR)」
は大事だなということを再認識しました。

CCRというのは、
投資した自己資金に対する、
投資のキャッシュフロー(手取り)の
割合を表しています。

例えば、60万円を投資して、
毎月のキャッシュフローが5万円出る
不動産を購入したとしましょう。

この場合、CCRは以下となります。

↓↓↓

(5万円×12ヶ月)÷60万円=100%

CCRが100%、つまり、
最初に投資した自己資金を回収するまでに
「1年」の時間がかかることがわかります。

 

CCRの面白いところが、
CCRが高ければ高いほど、
どんどん新たな投資に
連続で投資できることです。

最初の例に戻りますが、
60万円の自己資金で
毎月5万円のキャッシュフローが出る
不動産を買ったとしましょう。

この場合、1年で自己資金60万円を
回収することができますので、
その60万円を使って
また同様の不動産を購入したとしましょう。

こうすると、「同じ60万円」を使って
「2つ」の物件を購入できたことになります。

つまり、元本の60万円を
回収さえしてしまえば、
どんどん次の投資に
乗り換えていくことが
できるということです!

このように、CCRを理解すると、
回収した自己資金を
どんどん次の投資に
再投資することができるので、
資産を雪だるま式に
増やせるようになります。

 

ところが、現実はそんな甘くありません。

僕の知っている限りでは
CCR100%の投資先は滅多にないので、
みんな何年間か資金を寝かせて、
ようやく資金が回収できたら
次の投資にチャレンジしていくような
プロセスを歩むことになります。

「数年単位」の活動になるというわけですね。

ですが、CCRの概念を知っているか
知っていないかは大きな違いを生むので、
理解しておいて損はないでしょう。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事