1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 購入する不動産をミスると大変なことになる。。

ブログ

BLOG

不動産投資

購入する不動産をミスると大変なことになる。。

こんばんは!

目代康二です。

今日から仕事始めですね〜。

僕の勤務先では、出勤初日に
商売繁昌のご利益で有名な神田明神で
お祓いを受けることになっています。

なので、出勤初日は神田明神に直行して
お祓いを受けてきました!

ちなみに、本来は全社員参加なんですが、
コロナの影響で自由参加にしたところ、
社長と僕しか行かないことになりましたw

、、寂しい。笑

まあ、ついでに自分の不動産投資や
株式投資のビジネスも「商売繁昌」
するように願えたのでよかったです。笑

 

さてさて、昨年の暮れから
「不動産投資」
についてずっと触れてきましたので、
今日もまた不動産投資の話を
したいと思います!

不動産投資の良し悪しを判断する
指標として有名なものに
「返済比率」というものがあります。

式に直すとこんな感じです。

↓↓↓

返済比率=毎月のローン返済額/毎月の家賃収入

例えば、毎月のローン返済額が50万円、
家賃収入が100万円の場合、
返済比率は50%(50/100)となります。

ズバリ言うと、返済比率は
「50%未満」を目指した方が
いいと言われています。

なぜなら、返済比率が50%未満なら、
仮に空室率が50%になっても
収支が赤字にならない可能性が高いからです。

つまり、「リスク」が低いということですね。

それに、毎月の手残りも多く残りますので、
返済比率は低ければ低いほどいいのです。

反対に、返済比率が70%を超えるような
物件を購入してしまうと、
それはマジでやばいです。。

そんな物件買ってしまったら、
2部屋ぐらい空室が出たら
「赤字」に転落する
可能性がありますからね。汗

それに、返済比率が高いということは、
借入金額が多いことを意味します。

つまり、仮に物件を売却しようと思っても、
売却価格よりもローンの残債の方が多くて
借金だけ残ってしまう
可能性が高いということです。

こうなってしまうと
実はもうどうしようもなくて、
物件を売りたくても売れない
「塩漬け」の状態になってしまいます。

選択肢としては
物件を持ち続けるか
自己破産するぐらいしか
方法がないと思います。。

以前、某○ルガ銀行で
高額物件を買いまくってしまった
投資家が多発しましたが、
多分相当苦しいでしょうね。。

一体どうしているんでしょうね。。

 

こんな感じで、不動産投資では
一度の失敗が「命取り」となります。

なので、様々な側面から
購入予定の物件を分析してから
購入するようにしてください。

返済比率は50%未満を意識して
購入を進めましょう。

そうしないとマジで
大変なことになりますよ。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事