1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 投資詐欺に引っかからないために。守りを固めよう

ブログ

BLOG

未分類

投資詐欺に引っかからないために。守りを固めよう

こんばんは!

目代康二です。

昨日のメルマガで「プラットフォーマー」
の話をしたら結構反響がありました!

「プラットフォーマーあるある」
なんでしょうね。

これから副業なり投資を始める時には、
プラットフォーマーに依存しないことを
第一目標に考えましょう。

 

そう言えば、よくこんな投資の話を
耳にしませんか?

・とある商品のオーナー権を販売!月利10%
・仮想通貨マイニングで月利20%を保証!

つまり、

「素晴らしいビジネスがあるけど
お金が足りないから出資してください。
そうすれば超高利回りを保証します!」

みたいな投資です。

どうでしょう?

よく見かけませんか??

これも実はプラットフォーマーに依存した
ビジネスだと考えられます。

というか、これはそもそも
「投資」じゃないですね。

列記とした「事業出資」ですよ。

その事業そのものに出資するわけですから、
投資先の会社の決算書や取引先などの情報を
徹底的に調べないといけませんね。

そもそもこういった話は、
投資そのものに出資するというよりかは
その「会社」に出資するのが普通です。

どんなに素晴らしい投資スキームを
謳ったところで、結局お金の入金口座は
会社なわけです。

お金を会社の口座に入金したところで、
その会社がキチンとお金を運用するかは
全くの未知数なわけですね。

僕らでは確認しようがない。

 

ぶっちゃけ言うと、世の中には
様々な事業出資がありますが、
正直お金の運用方法なんて
どうだっていいんです。

大切なのは会社という「箱」
が安全かどうか。

それに尽きます。

僕なんかこんな「投資」に
た〜くさん引っかかってきましたよ。

普通に500万円ぐらい損しましたからね。

どんなに素晴らしい投資スキームに見えても、
そのお金が結局誰の手に渡るのか、
そこを見極めた方がいいですね。

簡単な見分け方としては、
お金が相手の口座に着金するなら「事業出資」、
金融機関や保険会社に着金するなら「投資」、
こう考えるといいと思います。

どうでしょう?

あなたが投資だと思い込んでいたものが
実は事業出資だった、
こんなことはありませんでしたか?

もしも事業出資だったとしたら、
その会社の決算書や取引先を
徹底的に調べないとダメですよ。

例えばあなたの勤務先では
新しい取引先と取引を開始するときには
「社内審査」がありますよね?

それと同じです。

審査をして問題がなかったら
はじめてその会社と取引できるわけですよ。

つまりは会社がやっていることを
個人でやればいいんですね。

投資と言いつつ「ビジネス」です。

しっかりと攻めと守りを意識して
運用することが大切です。

何かの参考になったら嬉しいです。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事