1. HOME
  2. ブログ
  3. 投資
  4. 海外の投資信託を購入すれば日本の破綻リスクに対応できる!

ブログ

BLOG

投資

海外の投資信託を購入すれば日本の破綻リスクに対応できる!

こんばんは!

目代康二です。

最近、僕は海外投資について色々調べています。

というのも、僕の資産配分はだいぶ日本円に
偏っているので、そろそろドルにシフトしないと
まずいかなと思ったからですね。

やっぱり、日本円だけで資産を持つのは
非常に危険が大きいです。

いつ日本国債が暴落して円が紙くずになっても
大丈夫なように、徹底的に分散投資をしようと
考えています!

ちなみに、「穏やかではない」話をすると、
日本は戦後、「預金封鎖」をしたことが
あります。

つまり、銀行預金をおろせないようにして、
強制的にお金を接収したんですよ。

、、やばくないですか??

日本でそんなことが起きていたなんて。。

「歴史の授業で習ったっけ?」って感じです。

「いやいや嘘に決まってるじゃん!」

と思った人は、Googleで「預金封鎖 日本」
と調べてみてください。

出ます!笑

なお、僕は日本の証券会社や銀行は
預金封鎖の対象になると思うので、
海外の証券会社に直接口座を
開設するつもりです。

こうすれば、おそらく、
日本政府も手を出せないですからね。

ちなみに、僕が今のところ考えているのは、
海外の証券会社を通じて
ハイイールド債ファンドに
レバレッジをかけて投資することです。

、、おそらく分からない人が大半だと
思いますので補足すると、、
ハイイールド債ファンドというのは
格付の低い債券に投資する投資信託です。

まあ格付けが低いといっても、
日本でいうところのソフトバンクとかの大企業も
低格付けになっちゃうので、
「低格付けと言いつつ低格付けではない」
みたいな感じです。笑

あと、レバレッジをかけるというのは
実は海外では一般的なことで、
自分の持つファンドを担保に入れお金を借り、
そのお金を使ってさらにファンドを
買い増していきます。

例えばこんな感じですね!

100万円でAファンドを購入
→Aファンドを証券会社に担保に入れて
90万円を借りる
→90万円を使ってAファンドを買い増す

つまり!

100万円の自己資金で
190万円分の投資が実現したということです!

当然、お金を借りるわけですから
金利が取られますが、それを支払っても
十分な利益が出ます。

、、こんな方法、日本にいたら
ほとんど知らないですよね。

っていうか、金融機関に勤めている人も
この方法を知らないんじゃないですかね。。

ちなみに、ここまで書いてきたことは
僕の一見解に過ぎませんので、
あなたに特定の商品の購入を促すことが
目的ではありません!

ご注意を!!

ということで、
僕は来年から海外投資を本格化させます!

楽しみです☆

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事