1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. ビジネス
  5. 税金
  6. 区分マンションの赤字節税スキームがやばい

ブログ

BLOG

税金

区分マンションの赤字節税スキームがやばい

こんばんは。

目代康二です。

税金といえば、
区分マンションを購入して赤字にする
「節税」テクニックが有名ですよね。

つまり、年収が4桁に乗るような人たちが
あえて毎年赤字になるマンションを購入して、
所得税の還付を受けるテクニックです。

僕がこの話を聞いて思ったのが、

「いやいやどう考えて愚策でしょ」

ということです。

だって、マンションを買った時点で
すでに相当な「リスク」を
背負っているわけじゃないですか。

・家賃下落リスク
・地震リスク
・火災リスク

さらにはマンションを買った本人が
働けなくなって
本業を失う可能性もあるわけです。

そうなったら、
赤字分をどうやって補填するんだって
話になりますよね。

何が言いたいかというと、
リスクを取っている時点で

「プラスのリターン=利益」

がないといけないわけです。

「リスクを取っているのに
利益がないってどういうこと?」

って感じです。笑

赤字のリターンを取っている時点で
投資というよりかは
ただの「浪費」ですよね。

 

そして、一番忘れちゃいけないのが
「税制」は変わるということです。

つまり、今まで節税手段として有効だった方法が
税制改正によって
封じられることもあるわけです。

例えば、法人の役員保険の節税スキームが
ほぼ封じられてしまいました。

一時期めちゃくちゃ
もてはやされていたのに。。

せっかく高額なマンションを購入したのに、
税制が変わってしまって
なんの意味もなかったじゃ
済まされないわけです。

・どうやって毎月赤字の
マンションを維持し続けるのか?

・売却の際、残債の方が多いため
数千万円の持ち出しに耐えられるか?

こういったところをしっかりと考慮した上で
行うのが「投資」だと思うんですよね。

 

ということで、税金関係は
一筋縄じゃいかないので
しっかりと勉強して取り掛かりましょう!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事