1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 定期借家契約にしないと物件が返ってこないかも

ブログ

BLOG

不動産投資

定期借家契約にしないと物件が返ってこないかも

こんばんは!

目代康二です。

今日は賃貸住宅に関する豆知識を!

賃貸契約には普通借家契約と
定期借家契約の大きく2つがあります。

「普通借家契約」は
最もオーソドックスな契約で、
貸主は基本的に契約の解除が
できない契約です。

なので、極端な話、貸主は永久に
借主に物件を貸し続けなければ
ならないことになります。

よく明け渡し訴訟などがありますが、
大抵貸主が負けるみたいですね。。

入居者の居住権ってやつが
強すぎるんですよね。。

つまり、借主>貸主という
関係になっているのが普通借家契約です。

 

反対に、「定期借家契約」は
満了日が到来すると契約が完全に終了し、
契約の更新ができない契約です。

つまり、満了日になったら
借主は物件を明け渡さなければ
ならないわけですね。

貸主としては、契約が満了したら
確実に物件が戻ってくるようになります。

ちなみに、例えば地方に
転勤している間だけ
自宅を貸し出すみたいな時には、
確実に物件を回収するために
定期借家契約を結ぶのがいいでしょう。

そうしないと
いざ転勤が終わって帰ってきても
自宅に住めなくなる可能性がありますw

お気をつけをw

まとめると、定期借家契約は
貸主>借主ということですね!

 

ということで、
普通借家契約と定期借家契約の2つは
しっかりと頭の中に
入れておいてくださいね。

それにしても、契約が終了しても
物件が返ってこないって
なかなか投資家泣かせの国ですよね。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事