1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 株式投資
  6. 830億円の仮想通貨が流出!?仮想通貨の保管方法に悩むところ。。

ブログ

BLOG

株式投資

830億円の仮想通貨が流出!?仮想通貨の保管方法に悩むところ。。

こんばんは。

目代康二です。

仮想通貨でまたまた流出事件が起きましたね。

↓↓↓

仮想通貨交換バイナンス、830億円のトークン流出(日経新聞)

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが
発行するバイナンスコイン(BNB)が、
ハッキングで流出したそうです。

僕も一時期BNBを
保有していた時期がありましたが、
BNBを持っていると
バイナンスの売買手数料が
安くなったりして結構いいんですよね。

というか、世界最大の
仮想通貨取引所のバイナンスは、
セキュリティが鬼厳しいはずだから
さすがにハッキングされないだろう
と思っていたんですけど、
まさかハッキングされてしまうとは。。

バイナンスがハッキングされるのなら、
他の仮想通貨取引所も
ハッキングされるリスクが
あるということですよね。。

幸い僕は国内取引所で仮想通貨を
保有しているので影響はなかったのですが、
仮想通貨を保有するなら
ハッキングリスクにきちんと
備える必要がありますね。

 

仮想通貨のハッキングを
とにかく防ぎたいなら
「ハードウェアウォレット」
が有効だと言われています。

ハードウェアウォレットは、
仮想通貨を通信環境から
隔離した状態(USB端末など)で
保管できるウォレットのことです。

まあ、ハードウェアウォレットは
たしかにセキュリティ性能が
高いかもしれませんが、
個人的にはセキュリティよりも
「利便性」の方が気になってしまいます。

取引するたびにハードウェアウォレットを使うのは
めっちゃ面倒そう。。

なので、僕はハードウェアウォレットは使わずに
取引所に仮想通貨を置いたままにしています。

ここは人それぞれの考え方だと思いますが。

 

ということで、仮想通貨の
セキュリティ性能を高めるためには
ハードウェアウォレットが有効ですが、
利便性も考慮に入れて
保管方法を考えるといいと思います。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事