1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 不動産投資は中古と新築はどっちがいいの?

ブログ

BLOG

不動産投資

不動産投資は中古と新築はどっちがいいの?

こんばんは。

目代康二です。

今日は「不動産投資」の話をしたいと思います!

不動産投資の王道といったら
「一棟物件」だと思うんですよね。

一棟物件を購入できたら
結構な家賃収入が入るわけですから、
FIREに一歩近づいたといっても
過言ではありません!

ですが、一括りに一棟物件と言っても、
大きく2種類あります。

超ざっくり分けると、
「中古物件」と「新築物件」です。

不動産投資で一棟物件といったら
「中古」を思い浮かべる人が多いと思いますが、
新築も十分投資先としては優れています。

 

早速、中古と新築の
特徴をあげていきたいと思います!

非常にざっくりですが
こんな感じだと思います。

<中古>
▼メリット
・入居者がいるため、1から入居付けしなくていい
・価格の安い物件を買えば高利回りを実現できる
・新築と違い、購入後も家賃が下がるづらい

▼デメリット
・古い物件だと修繕が必要になることがある
・退去が起きるとリフォームが必要になることがある
・耐用年数が短い物件を買うと、融資期間が伸びない

<新築>
▼メリット
・新築なので入居付けが非常に楽チン
・新品なので10年ぐらいは修繕の必要がない
・退去が起きても10年ぐらいはリフォームの必要がない
・融資期間が法定耐用年数よりも伸びることがある

▼デメリット
・最初は1から入居付けする必要がある
・高利回りの物件がほとんどない
・運営実績がなく、想定通り入居付けできない可能性
・購入当初の家賃は高いが、その後急激に下落する

超簡単に言うと、
「中古」は価格が安いけど
入居付けは難しいし
修繕とかリフォームが発生する
可能性が高いと。

反対に、「新築」は価格が高いけど
入居付けは比較的簡単で
修繕とかリフォームとも
10年ぐらいは無縁だというわけです。

どっちも一長一短があるわけですね。

自分で色々調べてみて
新築か中古を検討してみるといいと思います。

 

ちなみに、僕は断然「新築」派です。

というのも、僕が今保有しているのが
新築アパートなのですが、
今まで一度足りとも
修繕やリフォームをしたことがないからです。

もう超絶楽です。

知り合いで中古物件を
持っている大家さんの話を聞くと、
業者を手配して修繕や
リフォームをしたりして
本当に大変そうです。

僕は正直、不動産投資が
そこまで好きではないですし、
あれこれ自分でやらないと
いけないのは嫌なんですよね。

だから、手離れのいい新築物件を
購入して本当に良かったです!

 

ところで、僕が新築物件を
買ったのは完全にたまたまです。

たまたま不動産会社から
紹介された物件が新築物件で、
収支の計算をしたらちゃんと
収支が回ったので購入した感じです。

もしもいい感じの中古物件を
紹介されていたら
それを買ったいたと思います。

こればかりはご縁なんでしょうね。

ちなみに、次不動産を買うときも
やっぱり「新築」にするつもりです。

だって楽ですから!笑

そして、次は土地から新築で
物件を建てようと思いますww

自分で1から土地と建物を決められるの
「最強」の不動産を作れるわけですね!

これこそ完全に最強の
不動産投資手法だと思います。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事