1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. お金
  5. 遺言書より優先させることがある遺留分って?

ブログ

BLOG

お金

遺言書より優先させることがある遺留分って?

こんばんは。

目代康二です。

今日は相続の続きで

「遺留分(いりゅうぶん)」

についてお話ししたいと思います!

遺留分というのは、
相続人が「必ず」受け取ることができる
財産の割合のことを言います。

例えば、Aさんが亡くなって、
遺言書が残されていたとします。

その遺言書には
こんなことが書かれていました。

「私の財産1億円は、
妻や子には一切渡さず、
愛人Bに全て渡すこと」

、、Aさんには妻と子供が1人いましたが、
なんと遺産を全て愛人に渡すと!

恐ろしい例ですが、
実際にあるそうですよ。汗

上記のような場合、
残された妻と子供からしたら

「なんで家族である私たちが
遺産をもらえなくて、
愛人に全て持っていかれないといけないの」

って感じですよね。

ごもっともです。

ですので、ここで
「遺留分」の登場です。

上記の例の場合、
妻と子供には1/2の遺留分が
認められていますので、
1億円の遺産のうち半分の5,000万円は
遺留分として手に入れることができます。

そして、残りの半分は
愛人にいくというわけですね。

遺留分の存在によって、
亡くなったAさんの意向が
歪められたことになりますね。

遺留分のパワーはすごいんです!

 

このように、亡くなった方が
遺言書を書いていたとしても、
遺言書に記載された遺産の分割方法が
遺留分を加味したものでなかった場合には、
後から遺言書の内容が
変更されてしまう恐れがあるわけです。

そのため、遺言書を書くときには、
遺留分を侵さないように
遺産を各相続人ごとに
配分する必要があるわけです。

こうしないと、
せっかく遺言書を書いても、
相続人間でいらぬトラブルを
引き起こすことにつながりかねません。

 

遺留分という言葉は
なかなか聞かない言葉だと思いますが、
相続の際にはかなり重要な概念ですので
しっかりと頭に入れておきましょう。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事