1. HOME
  2. ブログ
  3. 投資の基礎知識
  4. 海外投資
  5. 外貨建てMMF・MRF
  6. 外貨建てMMFとは?外貨預金と比べたメリット・デメリットを解説

ブログ

BLOG

外貨建てMMF・MRF

外貨建てMMFとは?外貨預金と比べたメリット・デメリットを解説

外貨建てMMFは、自由に解約でき、しかも通貨の種類も豊富ですから、外貨投資の入門に最適です。

その一方で、似たような商品に外貨預金がありますが、一体どちらが優れているのでしょうか?

今回は、そんな外貨建てMMFの基本と、外貨預金と比べたメリット・デメリットについて解説したいと思います。

(最終更新日:2022年6月6日)

外貨建てMMFの基礎知識

外貨建てMMFと聞くと、「MMFって何??」と思われる方も多くいることでしょう。でも、ご安心ください。こちらで詳しくご紹介します。

外貨建てMMFとは

「MMF」というのは、英語の「マネー・マーケット・ファンド」を略したものです。ファンドという言葉から分かる通り、投資信託の一種です。

そして、外貨建てMMFとは、外貨建のMMFです。

外貨建てMMFの投資対象は、安全性の高い企業の社債や国債などで、元本割れを起こさないよう、極めて安全性の高い運用がされています。

解約がいつでもできる

外貨建てMMFには満期が設定されておらず、原則として買い付けをした翌日から解約できます。

急に資金が必要となったり、為替レートが急変しても、いつでも解約して現金化できます。

1万円程度から購入が可能

外貨建てMMFは1万円程度から購入でき、しかも積み立て投資にも対応しているため、手軽に始めることができます。

外貨預金と比べた外貨建てMMFのメリット

外貨建てMMFは、同じような商品である外貨預金と比べても、多くのメリットがあります。

高利回りである

外貨建てMMFは、金利の高い海外資産に投資するため、高利回りです。

また、外貨預金と比べても、利回りが高い傾向にあります。さらに、分配金をそのまま元本に加えることができるため、複利効果も期待できます。

コストが安い

外貨建てMMFは購入手数料が無料で、さらにスプレッドも外貨預金と比べて割安です。そのため、低コストで投資を始められます。

証券会社が倒産しても保全される

外貨建てMMFは、証券会社の資産と分別管理されていますので、万が一証券会社が倒産しても、その資産は保全されます。

一方、外貨預金はたしかに元本は保証されていますが、もしも銀行が破綻した場合には、ペイオフの対象外ですので、全額戻ってこない可能性があります。

公式メールマガジンでは、最新の投資情報やビジネスノウハウを公開しています! 登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください!

外貨建てMMFのデメリット

外貨建てMMFにもデメリットがあります。以下、具体的に見ていきましょう。

元本は保証されない

外貨建てMMFはあくまで投資信託ですから、元本は保証されていません。極めて安全性の高い債券を中心に運用が行われてはいますが、場合によっては、元本割れする恐れがあります。

為替リスクがある

外貨建てMMFはあくまで外貨建ての商品ですから、為替レートの動きによっては、大きな損失を被ることもあります。

手数料がかかる

外貨建てMMFを購入する際には、取引手数料はかかりませんが、スプレッドが取られます。外貨預金でも同様に手数料が取られますが、外貨建てMMFの方が手数料は安いです。

外貨建てMMFのまとめ

今回は、外貨建てMMFについて簡単にご説明してきました。

外貨建てMMFと外貨預金を比べてみると、外貨建てMMFの方が利回りが高く手数料も安いですすし、少額から投資もできますのでオススメです。外貨預金を始めるぐらいなら、外貨建てMMFを始めた方が賢明といえるでしょう。

興味を持たれた方は、外貨建てMMFで投資デビューをしてみませんか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事