1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 2020年の不動産の稼働率を調べてみた!

ブログ

BLOG

不動産投資

2020年の不動産の稼働率を調べてみた!

こんばんは!

目代康二です。

今年一年間の保有する不動産の
稼働状態ですが、
ざっくりこんな感じでした。

↓↓↓

・区分マンション:満室
・一棟アパート:稼働率95%ぐらい
・シェアハウス:稼働率20%ぐらい

 

まずは区分マンションですが、
その人がずっと住み続けてくれているので
稼働率100%のままです。

マジありがたい。

万が一退去になったら
リフォーム費用がかかるし
募集費用もかかるので、
長いこと住んで欲しいなと思います。

 

続けて一棟アパート。

今年は5人ぐらい退去がありましたが、
いずれも最大1ヶ月ほどで
次の入居者が決まりました。

早いときには、退去日が来る前に
次の入居者が決まっていましたw

たしかに僕の物件のスペックが

・最寄り駅徒歩10分以内
・川崎駅徒歩15分圏内
・築3年以内

という高スペックなのも
もちろんあります。

でも、それ以上に
管理をお願いしている不動産会社の
「入居付け能力」の高さが
要因だと思っています。

、、僕がこの一棟アパートを購入する前、
川崎周辺にある10社ほどの
管理会社を調査しました。

電話をしたり訪問したりして、
管理費用や入居付け能力について
色々確認したんですね。

結果、今お願いしている管理会社が
ダントツで管理費用が安くて(3%)、
しかも全室空室の新築アパートを
1ヶ月で満室にできると言ってくれたんです!

なのでこの管理会社に
管理をお願いしたのですが、
たしかに2ヶ月もかからず
12部屋を満室にしてくれました!

まあ、約束の1ヶ月は超えましたが、
そこはお愛想で。笑

 

最後がシェアハウス。

こちらは言わずもがな
ず〜っと稼働率が低いままでした。

50%以下を常にさまよっていました。

、、たしかにコロナの影響もありましたよ。

でも、それにしたって稼働率が低すぎる。

今年中盤に「撤退」も視野に入れましたが、
知り合いの投資家から
おすすめの管理会社を教えてもらったので、
11月から管理会社を変更しました。

すると、わずか1ヶ月で
3名も入居者が増えました。

しかも、全員が女性!

(注)女性入居者が増えると、その後
男性入居者が増える傾向があります。笑

やっぱり管理会社は
大切なんだなと再認識しました!

早く管理会社を変更していればよかった。。

 

ということで、今回は
僕の保有する物件の稼働状況の話でした。

もちろん「立地」も大切ですが、
管理会社そのものの
「入居付け能力」の高さも
大切だということを実感した一年でした。

来年こそはシェアハウスを満室にするぞ!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事