1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 身近な人の死から学ぶ

ブログ

BLOG

日々の気づき

身近な人の死から学ぶ

KAZU885_skytree_TP_V

こんばんは。

昨日、私の尊敬する先輩が亡くなりました。

もう少しで定年退職する年齢でした。
まだまだ元気に活動できる年齢なのに…。

近くで私の成長を見ていて欲しかったです。
…悔しい気持ちでいっぱいです。

心からお悔やみ申し上げたいと思います。
__________

実は、その人のことは2年ほど前から知っていました。

でも、実際に話したり関わるようになったのは、
1年ほど前からです。

その人は、とても特徴的な人でした。

まず、とにかく『よく怒る』人だったんです。

とにかく厳格な人で、
「ダメなものはダメ」
としっかり自分の意見を主張する人でした。

一方で、『人情にあつい』人でもありました。

とにかく、「人」のことを良く見ているんです。

「人」のことが本当に好きなんだなと、
こっちにまで伝わってくるんです。

「義理と人情」にあふれたカッコイイ男だったんですね。

一見すると とても厳格そうなんですが、
同年代や後輩から慕われているんです。

まさしく男の中の男、そんな人物でした。
__________

その人の特徴として「よく怒る」と書きましたが、
その人の怒り方って、なんかすごくいいんですよ。

ネチネチと怒るんじゃなくて、
間違っているところだけを「バシッ」と
豪快に怒ってくれるんですよ。

ミスしたその人を怒るんじゃなくて、
そのミスした事実だけを的確に怒るような感じです。

しかも、その人のためを思って叱っているのが
ひしひしと伝わってくるんです。

だから、怒られた本人も悪い気がしないんです。

むしろ、逆に清々しい気分になるんです。

…怒られたのに こんな気持ちになれるって、
すごくないですか?
__________

あと、その人は「人情にあつい」んですよ。

とにかく「人」ことをよく見ていました。

例えば、私は今でこそ毎日元気ですが、
2年ほど前は仕事が上手くいかず、
常に元気がなかったんです。

いつも気分が落ち込んでいて、
頑張って笑顔を作っていた感じでした。

でも、1年ほど前あたりから仕事が上手くいきだして、
元気が出るようになってきたんです。

そんなとき、その人に言われたのが

「お前、2年前と比べて、表情 良くなったよな」

ということです。

…正直びっくりしました。

だって、私が元気がなかった2年前は、
その人とはほとんど関わりがなかったんです。

にもかかわらず、
その人は私のことをずっと見ていてくれてたんです。

…すごく嬉しかったですね。

「自分のことをちゃんと見てくれている」

そんな人物が身近にいるだけで、
人は幸せになれるんだなと身をもって感じました。
__________

だから、今朝その人が亡くなった話を聞いて、
「えっ……」
という言葉しか出てきませんでした。

完全に思考停止状態になってしまったんです。

その人の死を受け入れるには、いくらか時間が掛かりました。

で、その人の「死」を受け入れ始める、
思い当たることがいくつか出てきたんです。

「そういえば、病院に通っているというウワサを聞いたな」

もしかしたら、病気は末期に近づいてたのに、
頑張って活動していたのかもしれません…。

今となって、もう分からないことです。

ただ一つ言えるのは、
私はその人から多くのことを教えていただいたってことです。

次は、その教えてもらったことを私が実践する番です。

だから、自分に誓いました。

「あの人に笑われないような『でっかい男』になる」と。
__________

本日は、私の身近な人の「死」をテーマに
投稿させていただきました。

不快に思った方がいたら申し訳ございません。

でも、今回 改めて思ったことがあるんです。

それは、

「今の日本には、本気で叱ってくれる人が ほとんどいない」

ということです。

今の時代って、ちょっと叱るだけで
「パワハラだ」
「言葉の暴力だ」
とか色々叩かれる時代じゃないですか。

でも、よくよく考えてみると、

「叱られないと気が付かないこと」

ってたくさんあると思うんです。

もしも叱ってくれる人が一人も居なくなったら、
日本はホントに「終わってしまう」と思うんです。

最近、「いじめ」や「自殺」、「政治とカネの問題」など、
モラルの低下としか思えない事件が頻発していますよね。

こんな今だからこそ、

「本気で叱る」

ってことが大切なんじゃないかと私は思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事