1. HOME
  2. ブログ
  3. マインド
  4. 手取り12万円でどうやって生きていくの?

ブログ

BLOG

マインド

手取り12万円でどうやって生きていくの?

こんばんは!

目代康二です。

昨日ニュースになっていましたが、原油の先物が初めてマイナスの価格をつけたそうですね!

、、いやはや、世界経済はこれからどこに向かうのでしょうか。

いよいよ分からなくなってきましたね。。

でも、こんな時だからこそ、「個人で稼ぐ力」が必要だと個人的には思います。

政府や会社をあてにするのもいいけど、その前にまずは個人の「経済的自立」が必要だと思いますね。

 

そういえば、僕が前職で自動車の営業マンをしていたときの話です。

店舗には、大きく分けて営業職とサービス職、そして整備士の3つの仕事がありました。

まあ、営業職とサービス職は置いておくとして、整備士の給料水準がまじで悲惨だと思いましたね。。

僕の配属先の店舗は、わりかしスタッフみんなが仲良かったので、僕も整備士さんと結構談笑したりしていました。

その時、仲の良かった整備士さんに聞いたのが、手取りで「15万円」も行かないという話でした。

、、たしか12万円ちょっとだったような記憶があります。。

僕は、この話を聞いて結構衝撃を受けましたよ。

だって、12万円でどうやって生活していけって言うんですか?

仮に家賃が6万円の家で一人暮らししたら、水道光熱費などを引いたらほとんど残らないじゃないですか。。

これ、まじでやばいと思いますよ。

僕はこの話を聞いて、

「この会社は従業員から搾取している会社なんだな」

と思いましたよ。

と同時に、僕はグループ会社から「出向」という形で営業マンになったので、自分の給料水準と比較をしてしまいました。

正直、当時の僕の手取りはその方と2倍以上の差があったので、同時に申し訳なくも思いました。

日本型企業あるあるの、親会社は高い給料水準だけど、現場の会社は低水準という図式ですよ。

このブログを書いていたら当時の記憶が鮮明に戻ってきました。

この会社は、どう考えても、従業員を「舐めて」ますよ。

間違いない。

 

一方で、会社の給料というのは、ある意味その会社が自由に決めるところが大きいので、自らの力で変える余地はあまりありません。

そう考えると、僕たちサラリーマンにできるのは、転職するか、副業を始めるか、それぐらいしかないですよね。

つまり、誰かに依存するんじゃなくて、自分一人で稼ぐ力を身につけるしかないということです。

、、僕のブログを読んでいる人は、この話を耳にタコができるほど聞いていると思いますよ。

でも、僕はこの考え方はまじで大切だと思っていますので、ウザく思われるのを覚悟で言っています。

今こそ「個人で稼ぐ力」を。

 

コロナで世界は大きく変わり始めました。

この先の未来がどうなるかは正直誰にも分からないと思います。

政府や会社があてにできない今、唯一頼れるのは「自分自身」のハズ。

「投資や副業はちょっと。。。」

と今まで逃げてきた人も、そろそろ本気で行動しないと不味いことになりますよ?

今日はそんな感じです。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事