1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. ビジネス
  5. 法人設立は実は遅い方が良かったりする。

ブログ

BLOG

ビジネス

法人設立は実は遅い方が良かったりする。

こんばんは!

目代康二です。

僕は自分の法人を持っていますが、
設立したのは入社4年目の時です。

当時、投資用マンションを
購入しようと思っていて、
金融機関に融資の審査を
申し込んでいたんですね。

そのタイミングで法人を設立しました。

そして、金融機関の一次審査は無事通過。

あとは二次審査を通過するだけでした。

不動産投資の場合、
基本的には一次審査が一番厳しくて、
二次審査はほとんど余裕で
通過することがほとんどなんですね。

なので、一次審査を通過した僕は、
すっかり安心しきって
法人を設立した感じです。笑

ところが、あろうことか
まさかまさかの二次審査落ち!!

くやしいー。。

おかげで物件は買えず、
法人だけが残ってしまいました。。

「法人を先に設立できてよかったじゃん!」

と考える人もいると思うんです。

ですが、法人を設立すると、
初期費用だけじゃなく
ランニングコストがかかります。

ざっくりこんな感じです。

↓↓↓

法人設立費用:約20万円(株式会社)
決算費用:10〜20万円ぐらい
法人住民税の均等割:7万円

僕は株式会社を設立したので、
事業の実態がなくても
きちんと「決算」を行わないといけません。

決算は自分ではとてもやり切れないので、
会計士さんにお願いします。

それと、聞いたことがない人も
多いと思いますが、
「法人住民税の均等割」という税金が
「赤字」でも課税されます。

つまり、法人のランニングコストは
どんなに安くても
毎年20〜30万円ぐらい
かかってしまうんですよね。

当時の僕は入社5年目ぐらいですから、
赤字の法人のために毎年20万円ぐらい
お金が出ていくのはかなり辛かったです。。

なので、声を大にして言いたいです。

法人を設立するのは、
しっかりと事業が
軌道に乗ってからにしましょう。

その前に法人を設立すると
手間とお金だけかかるので
おすすめしません!!!

ちなみに、詳細は会計士さんと
よく相談してみてくださいね。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事