1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 不動産投資
  6. 地震が起きたら、火事が起きたら…不動産投資のリスクとは?

ブログ

BLOG

不動産投資

地震が起きたら、火事が起きたら…不動産投資のリスクとは?

こんばんは。

目代康二です。

不動産投資をする上で
気になるのが「リスク」です。

不動産投資にはこんなリスクがあります。

↓↓↓

・空室リスク
・金利上昇リスク
・建物の老朽化リスク
・家賃滞納リスク
・入居者トラブルリスク
・地震リスク
・事件が発生するリスク

「空室リスク」は仕方のないリスクです。

不動産投資をしている限り
逃れられないです。

対処法としては、
賃貸需要のある場所に物件を買うこと。

そして、空室が出たら死ぬ気で埋めること。

以上です!笑

購入する物件の立地さえ間違わなければ、
あとは乗り越えられるリスクでしょう。

「金利上昇リスク」と
「建物の老朽化リスク」も
避けようのないリスクです。

投資家がやることは、
金利の上昇や建物の老朽化を見越して
収支の合う物件を購入したり、
毎月の収益から修繕積立金を
プールしておくことぐらいです。

「家賃滞納リスク」
「入居者トラブルリスク」は、
管理会社に管理を任せることと
家賃保証会社を間に挟むことで
十分カバーできます。

「地震リスク」と
「事件が発生するリスク」は、
起きないように
神に祈るしかありません。笑

ただ、万が一のことが
起きても大丈夫なように、
火災保険と地震保険に加入しておくことと、
補償内容はフルマックスで
つけておくべきです。

 

とまあ、今回は不動産投資の
リスクを簡単に説明してきました。

お気づきの方も多いと思いますが、
今回取り上げたリスクは全て
「乗り越える」ことが可能です。

つまり、投資家側の努力で
どうとでもなるということですね!

不動産投資にはリスク以上の
メリットが明らかにありますので、
ぜひチャンレンジしてみてください!

ということで記事にも
書きましたのでご覧ください!

↓↓↓

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事