1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. お金
  5. FIRE=リタイアしたいならこの本を読もう!!

ブログ

BLOG

お金

FIRE=リタイアしたいならこの本を読もう!!

こんばんは。

目代康二です。

今日はひさびさに本の紹介をしたいと思います。

それがこちら!!

↓↓↓

「FIRE 最強の早期リタイア術」

この本の中で僕が面白いと思った
考え方が2つあります!

=========
1、運用資金の4%を取り崩して
1年間の生活費を賄えるなら、
運用資金が30年以上
継続する可能性は95%以上となる

2、現金クッションを活用する
=========

1は、貯蓄を株式投資で運用した場合、
毎年4%ずつ資金を取り崩せば、
30年以上は元本がなくなる心配はなく
生活できるという話です。

これは、株式市場が右肩上がりで成長するので、
毎年4%ずつ資産を切り崩しても、
資産の減少幅はそこまで多くないため
30年以上その資金だけで
生きているという話です。

例えば、年間の生活費が400万円だったら、
1億円(400万円/4%)の資金を貯めて
株式市場に投資すれば、
リタイア=FIREできるということになります。

なるほど!!

これはかなり面白い考え方ですよね。

 

2はというと、手持ち資金の全てを
株式市場だけで運用するのではなく、
ある一定額は現金で
持っておこうという考え方です。

例えば、1億円の資金を貯めたとしても、
株式市場が「大暴落」を起こしてしまったら、
資金が30%ぐらい減ってしまう
可能性があるわけですね。

こうなってしまうと、
運用資金を取り崩した時に
含み損が出てしまって、
将来のお金が足りなくなってしまう
恐れがあります。

そんな時に登場するのが
「現金クッション」!

例えば、大暴落から株式市場が
立ち直るのに2年かかるとしましょう。

この場合、2年分の生活費を
余分に「現金」として持っておけば、
大暴落から自分の資産を守ることができます。

具体的には、大暴落が起きたら
現金を取り崩して生活を行なって、
株式市場が戻ってきたら、
運用資金を取り崩して
現金に充当するわけですね。

こうすれば、大暴落の時に
運用資金を安値で利確する必要がないため、
将来お金に困る可能性が小さくなります。

つまり、現金をクッション(緩衝材)として
利用するということですね!

 

なるほど!!

ということで、ここまで取り上げた
2つのエッセンスが凝縮されているこの本は、
かなり面白いんじゃないかと思います。

ぜひぜひご一読あれ!!

「FIRE 最強の早期リタイア術」

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事