1. HOME
  2. ブログ
  3. 投資
  4. 不動産投資
  5. 不動産融資の解約手数料はかなり高い。。

ブログ

BLOG

不動産投資

不動産融資の解約手数料はかなり高い。。

こんばんは!

目代康二です。

昨日はツーリングで
奥多摩に行ったのですが、
背筋と足が筋肉痛になりました。汗

僕が乗っているのは
スーパースポーツという
レース用のバイクなので、
峠を攻める時に背筋と足を
踏ん張らないといけないんですよ。

特に昨日は奥多摩周遊道路という
かなり激しめの道を走ってきたので、
いつもより筋肉痛が激しいです。。

おかげで、今日は仕事後に
ヨガの予定だったのですが、
キャンセルしました。笑

 

さてさて、明日は有給を取って、
銀行で不動産投資ローンの
更新手続きをしてきます。

以前ご説明した通り、
僕が不動産融資を受けている銀行では、
定期的に固定金利の
見直しの手続きが必要です。

選択肢としては、
大きく以下の3つがあります。

↓↓↓
=====
現状 固定金利1.48%

5年間  固定金利1.55%
10年間 固定金利1.65%
完済まで  変動金利3.10%
=====

まずは一番分かりやすい「変動金利」。

変動金利を選ぶと
金利が今より圧倒的に上がるので、
選ぶメリットが1ミリもない。

なので、5年間の固定金利にするか、
または10年間の固定金利にするかの
選択肢で悩むことになります。

ですが、ここで忘れちゃいけないのが
「解約手数料」。

ローンを途中で一括返済すると、
銀行からペナルティとして
MAX800万円近くの
違約金を請求されます。

高っ!?

僕の場合、今から「8年以内」には
物件を売却する予定なので、
選択肢としては以下が考えられます。

=====
(例)8年後に物件を売却した場合

・10年間固定金利→2年を残して中途解約
(違約金:300万円)

・5年間固定金利→更新
→3年間固定金利終了後売却
(違約金:0円)
=====

そう、10年間の固定金利を選ぶと、
8年目で解約した時に
違約金が300万円になってしまうんです。

なので、僕の戦略としては、
5年間の固定金利で契約して、
5年後に再度3年の固定金利で契約、
そして3年が経過した時点で
売却するという流れを考えています。

これなら無駄な違約金を
払わずに済みますからね。

ということで、これから
不動産投資を始めようと考えている人は、
途中で物件を売却して
ローンを一括返済すると、
中途解約金がかかることを
頭の片隅に入れて置いてください!

ちなみに、なぜかよく分かりませんが、
違約金の情報は本やネットには
あまり載っていないんですよね。

不思議だ。。

ではでは。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事