1. HOME
  2. ブログ
  3. マインド
  4. 火を消す人じゃなくて火を灯す人になりたい。

ブログ

BLOG

マインド

火を消す人じゃなくて火を灯す人になりたい。

こんばんは!

目代康二です。

今日は、僕の勤務先でWEB広告についての
「オンラインセミナー」を開催しました。

オンラインセミナーの開催は会社としては初で、
その大役を僕が担当させていただきました。

3週間ぐらい前から各種無料セミナーサイトに
セミナー情報を掲載したり、
取引先に対してメール配信をしたり、
さらにはFacebook広告を使って
セミナーの集客をしてきました。

その甲斐もあって、
なんとか初のオンラインセミナーで
13名の方にご参加いただくことができました!

うーん、めっちゃ嬉しい〜!!

そして、そのセミナーの登壇者は
僕だったんですけど、
なんとか無事に終えることができて
よかったです!

ふぅ〜。

正直、オンラインセミナーは
緊張するのかなと思ったんですけど、
いつもYouTubeの撮影をしているせいもあって
ほとんど緊張しなかったです。笑

そして、「あ〜」とか「う〜」とかの口癖も、
日頃からYouTubeの撮影していたおかげで
ほとんど出なかったと思います。

そういう意味で、YouTubeの撮影を
していてよかったなと、
改めて思いました。笑

「努力」は無駄にならないことを
改めて実感した今日この頃でした!

 

ところで、最近つくづく感じることがあって、
それは世の中のトレンド的に

「努力をしないで
自分なりのスタイルを貫く」

ことが美学になりつつあるんじゃないか
ということです。

実は、僕はこの考え方には
100%反対します。

だって、本当の意味で幸せになるためには、
努力して幸せをつかみ取るしか
方法がないじゃないですか。

たしかに、いま目の前の与えられた状況、
生活水準に「満足」することは
大切だと思いますよ。

でも、いま目の前にある状況は、
果たして自分が思い描いてきた
幸せな状況なのかということが問題なんですよ。

例えば、「海外を自由に旅行する」という夢を
学生時代に描いていた人が、
いま現在、1Kのアパートに住んでいて、
毎日家と会社を往復する生活を
送っていたらどうでしょう?

この状況を受け入れて満足することは
たしかに可能だと思いますが、
それは満足ではなく「妥協」だと
思うんですよね。

現実と戦うことをあきらめて、
現実を受け入れることで妥協したんです。

こんなのつまらなくないですか?

だから、僕らは「努力」
しないといけないんです。

いま目の前にある状況に満足しつつも、
もっと先にある大きな幸せを信じて
行動を続けるべきだと思うんですよね。

もしかしたらすぐには
成果が出ないかもしれないけど、
1年後、2年後、とんでもなく成長した
自分になれると思います。

 

努力をしていると、

「なんでそんなに熱くなってるの?」

と言う人がいますが、
僕らはそんな「火を消す人」に
なっちゃいけないんです。

そうじゃなくて、
「火を灯している人」に
ならないといけないんです。

心の中に熱い火を灯して、
毎日一生懸命生きましょう!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事