1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 残酷ながら、稼ぐ力のある人だけが生き残る。

ブログ

BLOG

未分類

残酷ながら、稼ぐ力のある人だけが生き残る。

こんばんは!

目代康二です。

いや〜、いよいよオリンピックの開催すら
危うくなってきましたね。

どうなるかは神のみぞ知るところですが、
それ相応の覚悟を持って過ごさないと
いけないんでしょうね。

個人的にはテニスの決勝だけは
間近で見たかったですけど。。

 

ところで、僕の勤務先では最近
「中途採用」をすべく面接を始めました。

各社員が交代で面接官をやるのですが、
昨日は僕ともう1人の同僚とで
面接を行いました。

昨日面接した方は
なかなかバイタリティが高く、
正直かなりイイと思いましたね。

というか、「転職理由」が面白くて、

・年収が上がるのがどう頑張っても
20〜30年後だから

・このまま今の会社(超大手企業)にいても
人間的に成長しないから

・自分より仕事をしてない人の給料が、
自分より高いことに納得できないから

こんな感じでした。

うーん、こりゃ完全に
「ベンチャーマインド」だw

大手企業にいるのがもったいなさすぎるww

しかも、別に差別するつもりはないけど、
この方は20代の女性です。

この年齢にしてこの境地に至るとは、
かなりすごいと思いました。

当然面接は通過で、
次は最終面接となります。

あとは社長がどう決断するかだけですね。

ちなみに、久しぶりに
こんなことを思いましたね。

一緒に働けたら面白そうだなと。

 

昨日面接をして、僕は日本の若者の
「パワー」を見せつけられた気がします。

、、とまあ、言うても
僕もまだ29歳だけど。。笑

でも、「終身雇用」とか「年功序列」の
時代はもう終わりましたよね。

これからは個人で稼ぐ力を
身につける必要があるし、
稼ぐ力のある個人が集まって
組織を形成する時代になると思っています。

逆を言うと、稼ぐ力のない人は
どんどん淘汰されて、
低賃金の仕事を請け負うしか
道がなくなってしまう。

これは非常に危険です。

だからこそ、僕のブログでは一貫して
「個人で稼ぐ」ことをメインに
発信しているわけです。

個人の時代だからこそ、
全ての責任は自分自身が
背負う必要があるということですね。

ではでは。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事