1. HOME
  2. ブログ
  3. マインド
  4. 国際感覚とは?日本についてもっと知るためには世界を知ることが大切

ブログ

BLOG

マインド

国際感覚とは?日本についてもっと知るためには世界を知ることが大切

こんにちは!

目代康二です。

「Excuse me?」

昨日、仕事の打ち合わせが終わって
横浜駅付近を歩いていたら、
後ろからこう話しかけられたんです。

「えっなんだろ??」

と驚いて振り向いてみたら、
どうやら声の主はアジア系のご夫婦
だったみたいです。

で、話を聞いてみると、

「I want to go…,」

と言いながらスマホの画面を
見せてきたので見てみると、
どうやら中華街に行くために
みなとみらい線のホームまで
行きたかったみたいなんですね。

実は僕もホントたまたま同じホームまで
行くところだったので、ホームまで一緒に
連れて行こうと思ったんです。

そこで、自分が知っている英語を
駆使して、、

「I will go to this line.」

と言ったんです。
(英語表現的には間違いですよね笑)

そして、ジェスチャーを交えて必死に
一緒に行くとアピールしたら、
相手の方も理解したようで、

「Thank you!」

とパーっと笑顔になって、
一緒にホームまで行くことになったんですよ!

で、あとはホームまで案内してお別れする
んですけど、この前ハワイに行って
英語に少しばかり自信を持った僕は、
ちょっと英語で会話してみようと
思ったんですね!

そこで

「Where are you from?」

と聞いてみたんです!

(あなたの出身地はどこですか?
という意味です。たしか中学で
習ったような、、)

すると、

「China!」

と答えてくれたんです。

、、良かった、通じた!ww

いや〜大学受験で英語の勉強を頑張って
良かったなと思いましたw

ちなみに、そのあと

「Sightseeing?(観光ですか?)」

と聞いて「シカト」されたのは秘密ですww

まあ、めっちゃいい経験になりました!

 

なんか冒頭がメッチャ長くなりましたが、
今回の体験を通じて「国際感覚」って
大事だなと改めて思いました。

日本だけに閉じこまっていると、
価値観が狭くなって
世界から取り残されると思うんですよ。

例えばニュースで「天皇即位」が話題に
なりましたが、その儀式になぜ世界中の
要人が来ているのか、その理由を
真に理解している人が
どれぐらいいるでしょう?

(ちなみに、天皇家はローマ教皇よりも
地位が上の、世界最古の王朝です。)

日本人としてこのことを知らないのは
なかなかまずいな〜と思います。

他にも投資を例に挙げると、
世界で唯一マイナス成長しているのは
日本ただ一つだけですし、
ここまで酷い低金利も先進国で日本だけ。

世界を見てください。

世界一安全と言われる投資先、
「アメリカ国債」の年利を知っていますか?

だいたい2%〜3%ですよ?

普通に考えてアメリカ国債より
日本国債とか日本円の定期預金の方が
リスクが「高い」じゃないですか?

ということはですよ、
年利0.05%とかつけている日本国債とか
定期預金に投資する意味なんて
ないわけですよ。

むしろ、日本のインフレ率は2%なので、
国債とか定期預金に預けていても
毎年2%ずつ価値が減っていくわけです。

「インフレ率」にすら勝てないものに
投資をするなんて、正直ヤバいですよ。

実は僕の投資判断の一つに、
年利3%というものがあるんですけど、
それはアメリカ国債の年率から出しています。

世界一安全と言われるアメリカ国債の年率
に勝てない時点で、その投資には
旨みがないということなんですね。

 

、、ちょっと熱くなってしまいましたが、
僕は最近国際感覚を意識しながら
投資なりビジネスを行っています。

こんなサラリーマン、
日本にはそういませんよね??w

もはや自分がサラリーマンなのか、
自分で自分を疑っちゃいますww

いずれにしろ、投資なりビジネスに
興味がある人は、ぜひ日本だけに
目を向けるのではなく、
世界に目を向けてもらえればと思います。

そして世界を知った上で、
この素晴らしい日本を守っていきましょう!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事