1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジネス
  4. コワーキングスペース
  5. コワーキングスペースは儲からない?ビジネスモデルを調べてみた!

ブログ

BLOG

コワーキングスペース

コワーキングスペースは儲からない?ビジネスモデルを調べてみた!

こんにちは!

目代康二です。

突然ですが、あなたはコワーキングスペース
を知っていますか?

Wikipediaによると、「コワーキング」という
言葉はこんなことを意味するそうです。

事務所スペース、会議室、打ち合わせスペース
などを共有しながら独立した仕事を行う
共働ワークスタイルを指す。

要するに、いろんな人が共同で作業する
スペースがコワーキングスペース
ということですね!

イメージとしては、
自習室みたいな感じですかね?

そんなコワーキングスペースですが、
多分、あなたも一度は見かけたことが
あると思います。

実は、最近コワーキングスペースが
かなり増えています。

僕もなかなかな頻度で
利用させてもらっています。

次の打ち合わせまでに時間がある時でしたり、
作業にしっかりと集中したい時なんかは、
コワーキングスペースを利用していますね。、

飲み物が飲み放題だったり充電もできるので、
かなり重宝しています^^

ただ、調子に乗って長時間居座ると
結構料金が取られるので、
使い過ぎは注意が必要ですね。笑

 

実は、僕はコワーキングスペースを
新規事業として始めようと思って、
色々と情報収集してきました。

そして!

昨日はその集大成ということで、
コワーキングスペースの経営者さんが集まる
勉強会に参加してきました!

そして、リアルな経営者さんの話を
直接聞いてきたんですよ!

そしたら、こんなことが分かったんです。

↓↓↓

  • ぶっちゃけコワーキングスペースは儲からない
  • 都内では、月額有料会員を何人確保できるかが、収支に直結する。
  • フラッと立ち寄る時間貸しユーザーからの収入はあてにできない
  • 月額会員の相場は1.5〜3万円ぐらいで、仮に3万円取るなら、それなりのクオリティの内装や設備が必要
  • 多くのコワーキングスペースは赤字
  • コワーキングスペースはスタッフを雇うと黒字化が一気に難しくなる。例えばスマートロックを導入するなどしてスタッフを雇わなければ、黒字化はある程度目指せる
  • GoogleやAmazonなどが収支度外視で参入し、また三井や三菱、野村不動産、さらには東京メトロなどの電鉄系も参入し始めたため、競争はかなり激しい
  • コワーキングスペースは差別化が大事。他にはないコンセプトを打ち出すことが大切
  • コワーキングスペースは不動産投資ではなくフィットネスクラブの運営に近い
  • コワーキング単体で儲けるよりかは、何かのビジネスのフック(集客)としてやるのがいい

、、以上のような感じでした。

僕としてはコワーキングをやってみたかった
のですが、なかなか厳しいなと
思いましたね。

コワーキングをやるなら、
普通に一棟マンションを買い増して
賃貸経営を拡大した方がいいのかなと
思いましたよね。

うーん、難しい。。

ただ、僕はシェアハウスを運営しているので、
それと絡めてコワーキングスペースを
運営できたら面白いのかなと
色々考えています。

まあ、今のところいいアイディアが
浮かばないので、またコツコツと
リサーチを進めたいと思います。。

、、なんかいいアイディアがあったら、
ぜひ教えてください。笑

 

ということで、今日はコワーキングスペース
についての話をしてきました。

やはり「ビジネス」ですので、
それなりの努力と覚悟は必要
ということでしょうね。

楽して稼ぐというのは
幻想に過ぎませんね。

良い勉強になりました。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事