1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 毎日が物足りないあなたへ。はじめの一歩を踏み出そう!

ブログ

BLOG

日々の気づき

毎日が物足りないあなたへ。はじめの一歩を踏み出そう!

こんばんは。
康二です。

この週末は、普通にサラリーマンをしていたら、絶対に経験できないような経験をしました。

金曜日の夜は、五つ星ホテルのパークハイアットホテルでのディナー。

そして、土曜日は私の所属するコミュニティーでの成果報告会。

この週末にかけて、あまりにも日常とかけ離れた環境の中にいたため、日常生活との間の「違和感」を、明確に感じ取ることができました。

一般的に「常識」だと言われていることが、実は「そうではない」と気付けるようになってきたんですね。

サラリーマンで一番多い勘違いが、「会社のために40年間働かなげればならない」という常識です。

別に今の時代、方法さえ間違わなければ、誰でも会社を辞めて生きていけるんですよ。

会社を辞めたからと言って野垂れ死にするわけでもないんですね。

現に、私の周りには、すでに本業の収入を上回っている人が多くいます。

このような「違和感」を持てるようになったのも、ひとえに自分が「環境」を変えたがらだと思います。

やっぱり、人は、自分の周囲の環境から大きな影響を受けるんですよ。

だから、今の自分を変えたいと思ったら、思い切って環境を変えてみればいいんです。

例えば、私は大学1年生の頃、人と話をするのが大の苦手でした。

自分に自信がなくて、話している相手の目を直視することもできませんでした。

私は、そんな自分を変えたくと、ある「挑戦」をしました。

それは、接客業のアルバイトを始めることです。

具体的には、コンビニのレジと塾講師です。

コンビニのレジでは、最初は緊張のあまり接客中に手が震えたり、声が裏返ることも多くありました。

いま思うと、当時の私はお客様にご迷惑をおかけしていたと思います。

でも、頑張ってアルバイトを続けていく内に、徐々に接客に慣れてきて、アルバイトが楽しくなってきました。

やっぱり、「慣れ」って大切なんですね。

さらに、一部の常連さんからは、「おはよう!」と声をかけられるようなりました。

コンビニ店員の一人に過ぎないのに、自分の顔を覚えてくれて非常に嬉しかったです。

コンビニのバイトは非常に楽しかったです。結局、大学生活の4年間続けました。

あと、塾講師では、「人生を変える出会い」がありました。

その出会いは、「生徒」との出会いというよりかは、「塾講師」との出会いです。

実は、塾講師をしているときに、私より年齢が1つ上の先輩がいました。

この先輩は、とにかく仁義にあつく、私が人と上手くコミュニケーションが取れないことに、よく相談に乗っていただいてたんです。

その先輩に言われた、今でも印象に残っている言葉があります。

それは、「君は君のままで良い」という言葉です。

当時の私は、自分に自信がなかったため、色々な人に好かれようと自分を偽っていたことがありました。

面白くもないのに無理に笑ったり、とにかく人の顔色ばかり伺っていたんですね。そんな自分が嫌いでした。

でも、そんな私を見ても、先輩は「背伸びしないで、ありのままの君でいなさい」と言ってくれたんですね。

その言葉を言われた瞬間、私の中に電撃が走りました。

「自分は自分のままで良い」、「もっとありのままの自分を出そう」と、決意した瞬間でした。

その出来事があってからは、自分にいくらか自信が持てるようになって、人と関わることが楽しくなってきました。

そして、いまでは、人のことが好きで好きで堪らないです。

私は、私らしく、ありのままで毎日を過ごしています。

ここまで、回想が長くなりましたが、要するに、「環境を変えれば自分の人生が変わる」ということです。

環境を変えれば、自分が今まで思いもよらなかったことに気づき、そして、自分の「価値観」が変わります。

ただし、、環境を変えるためには、大変な「決断」が必要です。

決断を迫られた時には、自分の未来の可能性を信じ、「絶対に人生を変えてやる」と固く誓って一歩を踏み出しましょう。

その一歩は小さいかもしれませんが、あなたの人生を変える大きな一歩になると思います。

さて、今日は「人生を変えるために、一歩踏み出す」ことについて、話をしてきました。

人生を変えるために、勇気を出して一歩踏み出しましょう!

明日も素敵な1日をお過ごし下さい。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事