1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 海外投資
  6. 「日本基準」で考えると色々損する資産運用と投資の話

ブログ

BLOG

海外投資

「日本基準」で考えると色々損する資産運用と投資の話

こんばんは。

目代康二です。

最近は海外の証券会社の情報収集をしています。

そしたら、こんなことに気がつきました。

なんと、海外の証券会社の中には
「取引手数料が無料」のところも
多くあるというじゃないですか??

、、もう一度言いますね。

取引手数料が「無料」ですよ!

やばくないですか!?

おそらくですけど、
日本国内には取引手数料無料の
証券会社なんてないと思うんですよね。

 

と言いますか、調べれば調べるほど、
「日本基準」で考えることの
リスクを痛感せざるを得ません。

例えば、日本の株式市場の時価総額は
ざっくり700兆円です。

一方、アメリカはざっくり4,600兆円。

時価総額にして6倍以上違うわけです。

また、これもざっくりですが、
日本のETFの上場本数は200本前後ですが、
アメリカは2,000本以上あるようです。

ETFの数も10倍近く違うと。

極め付けには、「世界規模」で見てみると、
日本の株式時価総額は世界シェア5.5%程度、
対してアメリカは44%と世界最大のシェアです。

、、何が言いたいかというと、
日本よりもアメリカの方が
資産運用が発達してて
そりゃ当然だということです。

日本に住んでいると

「日本が世界標準だ!」

と考えがちですが、
それは大きな間違いです。

日本では取引できませんが、
アメリカでは取引できるような
金融商品が山ほどあるわけです。

 

ぜひですね、投資、資産運用をする上では
「アメリカ基準」で考えることをおすすめします。

そうしないと、機会損失がマジで半端ないので。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事