1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. 投資
  5. 海外投資
  6. 海外送金業者について調べてみた

ブログ

BLOG

海外投資

海外送金業者について調べてみた

こんばんは。

目代康二です。

海外投資をする際に
考えないといけないのが
「為替手数料」です。

例えば日本円から米ドルに両替する際には、
大きく2つの手数料がかかります。

・送金手数料
・スプレッド

送金手数料は、その名の通り
海外に送金する際にかかる手数料です。

これは「明示」されている手数料なので
まだ良いとは思います。

ですが、真に考えないといけないのが
「スプレッド」です。

スプレッドというのは、市場の為替レートと、
その両替業者が適用する為替レートとの
「差」のことを言います。

例えば、市場の一般的な為替レートが
1ドル=115円だとしましょう。

仮にスプレッドがなければ、
1ドル=115円で
投資家は両替をすることができます。

ですが、仮に銀行の提示する為替レートが
1ドル=110円だったとすると、
投資家は5円損して両替することになります。

このスプレッドというのは
外からは分かりにくいものなので、
気づかずに払ってしまっている可能性があります。

ですので、海外投資をする際には、
送金手数料とスプレッドの
両方を確認するようにしましょう。

 

ところで、僕の方で
海外送金業者を調べてみたのですが、
以下の業者がおすすめのようでした。

Wise

例えば100万円の日本円を海外送金する場合、
手数料はだいたいこんな感じになるようです。

↓↓↓
=====
Wise:1,256円(手数料率:0.12%)
楽天銀行:3,468円(手数料率:0.35%)
新生銀行:4,010円(手数料率:0.4%)
=====

、、楽天銀行や新生銀行といったら
手数料が安いイメージがありますが、
Wiseはさらに手数料が安いと!

しかも、Wiseのすごいところが、
デビットカードを発行すれば、
決済手数料無料で、
現地通貨を持っていなくても
ショッピングできるとのことです。

これはやばい!!

ということで、
まだまだ調査段階ではありますが、
海外投資の際にはWiseを使って
送金しようかなと個人的には考えています。

なお、すでに海外投資をされている方がいて、
もっと有利な送金業者を知っている方がいたら
ぜひご連絡いただけますと幸いです!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事