1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. ビジネス
  5. 「下流」ではなく 「上流」に食い込む発想を!

ブログ

BLOG

ビジネス

「下流」ではなく 「上流」に食い込む発想を!

こんばんは。

目代康二です。

僕の勤務先はWeb広告代理店なのですが、
Webの世界はとにかく変化が激しいです。

つい半年前までトレンドだったことが、
気づいたら「どこ吹く風」みたいに
なっていることは日常茶飯事です。

あるサービスが流行りだすと、
最初のうちは競合が少ないのと
業界の規制が甘いので、
がんがんサービスが普及するんですよね。

でも、だんだん他社が参入してくるので
競争が激しくなってきます。

さらに、業界の規制も厳しくなってくるので
グレーな手法が使えなくなってきて
最終的には一部のサービスしか
収益を上げられなくなる感じです。

↑こんなのはどこの業界でもそうだと思いますが、
特にWeb業界はこのサイクルがメチャクチャ早いです。

 

ここで副業に話を移すと、
今から3〜4年ほど前だったと思いますが、
「Amazon転売」というのが流行りました。

具体的には、ビックカメラとか
ヤマダ電機で電化製品を仕入れて、
それをAmazonで販売して転売益を得る副業です。

当時僕の周りにはAmazon転売を
やっている人が割と多くいて、
副業で月100万円稼いじゃう猛者もいました。

すごい!

でも、冒頭で説明した通り、
だんだん参入プレイヤーが増えてきて、
実店舗で安い電化製品を見つけることが
難しくなってきました。

また、Amazon側の規制も厳しくなってきて、
グレーなことをしていたアカウントを
軒並みBANし始めたみたいなんですよね。

僕の知り合いもAmazonアカウントをBANされたそうで、
数年前にアカウントを貸してくれないか頼まれたことがあります。

まあ、そこは丁重にお断りしましたが…。

 

このように、「副業」においても
稼げる手法の移り変わりがあります。

これは「投資」も同様ですね。

たしかに最新ノウハウを
追い求めることは重要ですが、
最新ノウハウだけを求めても
稼ぎ続けることはできません。

最新を求めつつも「普遍的」な部分を
しっかりと見極めることが大切だと思います。

例えば転売の例で言えば、
店舗で商品を仕入れるのではなく、
直接メーカーから商品を仕入れて
Amazonで販売したらどうか?

いやもっと言うと、
自分でブランドを立ち上げて、
Amazonだけじゃなくて複数の商流で
販売したらどうか?

つまり、小手先ではなく
もっと本質的な部分、
物販で言えば下流ではなく
「上流」に食い込むようにするわけです。

上流に食い込みさえすれば、
ビジネス基盤はグッと安定しますね。

副業や投資に取り組むときには、
最新性だけではなく
普遍性も求めることが大事だということですね。

 

ということで、本日は
最新性と普遍性についてでした!

参考になったら幸いです。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事