1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. お金
  5. 不労所得はある意味「労働所得」だといえる

ブログ

BLOG

お金

不労所得はある意味「労働所得」だといえる

こんばんは。

目代康二です。

新入社員の頃は

「『不労所得』を手に入れて
サラリーマンを辞めたい!」

なんてことを思っていました。

不労所得、つまり全く労働することなく
お金が入ってきたらそれは嬉しいですからね。

でも、不動産収入をはじめとした
不労所得を手に入れた今、
不労所得に対する考え方が
ガラリと変わりました。

不労所得はそんなに
簡単に手に入るものではないし、
仮に手に入れたとしても、
定期的にメンテナンスが必要であると。

つまり、不労所得はある意味
「労働所得」であると言えます。

でも、レバレッジがとんでもなく高いから、
ちょっと働くだけで圧倒的な収入を
得られるようになるわけです。

 

例えば不労所得の典型が
「不動産収入」です。

不動産収入を手に入れるためには、
金融機関から数千万円〜数億円の
融資を受けて
不動産を購入する必要があります。

↑とまあ簡単に説明していますが、
不動産を購入するのは超超超大変です。

ものすごく勉強が必要だし、
ものすごく行動する必要があります。

不動産収入を手に入れるのは
かなり難しいんですね。

また、仮に不動産を購入しても、
不動産を放置していたら
家賃収入は入ってきません。

しっかりと入居者を募集して
空室を埋めないといけないし、
トラブルがあったら
対応しないといけないわけです。

…そうです、不動産収入は
全然不労所得なんかじゃなくて、
列記とした労働所得なんですよね。

ただ、当の本人の稼働時間が少なくても
高い不動産収入が手に入るから、
あたかも不労所得のように見えるだけなんです。

 

ということで、不労所得と聞くと
「全く働かなくていいんだ」
なんて気がしますが、
実際にはそうではないので
気をつけましょう。

しっかりと「行動」しないと
不労所得は得られないですし、
仮に不労所得を得られても
「メンテナンス」は必ず必要です。

結局、自分が1ミリも動かなくても
収入が入るなんてことは
ないということでしょうね。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事