1. HOME
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. YouTubeってやっぱり視聴者維持率が大切だった

ブログ

BLOG

YouTube

YouTubeってやっぱり視聴者維持率が大切だった

こんばんは!

目代康二です。

僕はYouTubeチャンネルを運営していますが、
動画を100本投稿するまでは
質より「量」でどんどん投稿していました。

ですが、動画を100本投稿したあたりから
量から「質」に方針を転換しまして、
動画を投稿しています。

かれこれ半年ぐらい
YouTubeチャンネルを運営して
気づいたことがあったので、
今回取り上げたいと思います。

 

YouTubeの動画が
いいか悪いかを判断する指標が
いくつかありますが、
その中でも重要なのが
「視聴者維持率」
だそうです。

視聴者維持率というのが、
動画を再生した人のうち何人が
その部分まで視聴しているかを表しています。

そして、YouTuberの間では、
僕が調べた限りですと
視聴者維持率の理想が
動画のラストの時点で

「40%」

とのことです。

つまり、全視聴者のうち40%の人が
動画を最後まで見れば万々歳というわけです。

、、なかなか目標高くないですか?汗

でも、実は僕のYouTubeの動画ですが、
ラストまでの視聴者維持率が
「40%」を超えたので
少し嬉しかったりします!

証拠はこちら!

やったー!

まあ、3分にも満たない短い動画ですが、
それでも40%を超えたのは嬉しく思います!

 

ということで、YouTubeに
取り組んでいる人がいたら、
ぜひ視聴者維持率に注目して
動画を投稿してみてください。

例えば、動画のある部分で
急に視聴者維持率が下がっていたら、
その部分には何かしら
視聴者を離脱させる
ポイントがあると考えられます。

・話が単調になっている
・間が長い
・動画の結論が分かったため再生をやめてしまう

こんな理由が考えられます。

なので、前回の動画で悪かったところを
次の動画でどんどん改善していって、
常にPDCAを回すように
意識することが大切です。

つい1〜2年前までは
YouTubeはブルーオーシャンでしたが、
今ではかなり競争が激しくなっています。

しっかりと「視聴者目線」を意識して
動画を投稿しましょう!

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事