1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々の気づき
  4. お金
  5. 預金封鎖と財産税はあり得るか?

ブログ

BLOG

お金

預金封鎖と財産税はあり得るか?

こんばんは。

目代康二です。

最近こんなニュースが出ましたね。

↓↓↓

政府ゴリ押し「マイナ保険証」“真の狙い”は金融資産掌握

マイナンバーカードと保険証を一体化にする、
これは前から言われていたことですが、
いよいよ2024年秋をもって
正式にそうなるようです。

まあこれは時代の流れだから
仕方ないと思います。

でも、ちょっと気になるのが
マイナンバーカードによる
「財産の把握」について。

つまり、全国民がマイナンバーカード
を持つことになるため、
マイナンバーカードに紐づく
財産の情報が全て政府に
筒抜けになってしまう恐れがあります。

一概にデメリットばかりではありませんが、
個人的にはそろそろ「有事の備え」を
始めた方がいいかなと思っています。

 

日本は昭和21年(1946)2月、
預金封鎖と新紙幣の発行を行いました。

↓↓↓

<あのころ>預金封鎖と新円切り替え 戦後インフレに対処

政府によって自分のお金が
強制的に取り上げられたわけですね。

そして財産税を課されたと。

苦しくも冒頭の通り、
マイナンバーカードが実質義務化され、
2024年度上半期には
新1万円札が発行される予定です。。

…何か匂いますね。

たしかに何もないかもしれませんが、
もしかしたら起きるかもしれない。

どんなことが起きても大丈夫なように
備えておくことが大切でしょう。

 

ちなみに、個人として考えているのが、
アメリカの証券会社で
直接口座を開くことです。

日本の証券会社だと
口座が封鎖される可能性があるため、
直接アメリカに口座を開く感じですね。

陰謀論と思う人もいるかもしれませんが、
日本は過去に実際にやっているので、
備えておくのが無難だと思います。

それでは!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事